« マンツーマン | トップページ | ボサボサ »

2006年10月29日 (日)

電車にて

以前、目の前の座席に座ったオバ様に「荷物、ひざの上に置いたら」って声かけられたお話しましたよね。(その時は、見ず知らずの方のひざに荷物をのせるなんていけないと考えて、お断りしました)今度は、すっかり席を譲ってもらいました。地下鉄で某ハブ駅の二つ前から乗っていたので、そのハブ駅なら席が空くかもしれないと、周りをキョロキョロしましたが、残念・・・空きませんでした。そこから更に人は増えてきましたが、私は、つり革を持ちながら読書をしていました。(いたって、普通の状態です。)私の前に座っていたのは、強面のブカッとしたズボンをはいたオジサン。別に何も気にせず本を読み続け、ハブ駅を出発して次の駅の手前で、急に立ち上がりました。私は、内心「ラッキ~降りるんや」と思いました。すると、私の手を突きアゴで座席を示しました。これは・・・「座れ」ということかしら?言われなくても席が空いたら座るわよんとばかりにドサッと座りました。でも、オジサンは、私の前に立っています。これって、席を譲ってくれたのかしら?と本に目をやったまま考え始めたら、次の次の駅に到着する頃に移動を始めたので、「やはり、降りるんや」とホッとしました。でも、向こうのドアのところにオジサンの姿があります。「あ~、なんか悪いことしたな」と思いましたが、何を勘違いかわかりませんが、席を譲ってくださったお気持ちを大切にしようと気づかないふりしてました。そこから3駅くらい行くともう姿はなかったのですが、「ありがとうございます」と言えなかったことが悔やまれています。人は見かけによりませんね。う~んと若い子が大きく足を広げて音漏れしまくりで席に座っているというのに、このオジサンのように怖そうでも親切だったり。

さて、どうして席を譲ってくれたのか?たぶん、妊婦に間違えられたと思います。ひざ下くらいのデニムスカートにソックス履でペタンコ靴、上はオーバーでお腹を隠すカットソー(裾にフリルつき)確かに中年太りで少々おなかは出気味です。でも、そこまでじゃないと思うねんけどなぁ・・・今度、スーツ姿で遭ったらどうしよう・・・気がつけへんか!うん、きっと。

|

« マンツーマン | トップページ | ボサボサ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165413/12481141

この記事へのトラックバック一覧です: 電車にて:

« マンツーマン | トップページ | ボサボサ »