« 歌謡曲 | トップページ | 初めての整骨院 »

2007年8月 5日 (日)

台風おんな

ここ数日間、台風のこと書いておりました。結局、3~4日と島根へと旅してきました。

3日金曜の大阪は曇りです。駅へと向かう道でポツポツと小雨が落ちてきましたが、傘なしでいけそう。いや、ちょっとさしました。新大阪は快晴です。まず、わざわざ時間のロスをもかえりみず、新幹線は、N700系に乗りました。快適です。早いのに揺れないし、静かでした。感激ぃ^^ が、車両でNEWSが流れてる掲示板に、「台風5号のため・・・やくも運転見合わせ中・・・」って、え~っ!やくも5号に乗るのに!車掌さんに確認すると、「やくも5号は動いてます。」よかった。岡山まではすぐに着きました。岡山は、雨が降っています。案内ボードを見ると、「やくも7号、9号は運転休止」って、5号だったから定刻通りに出ました。出雲市駅に到着した頃(13時)が、島根の台風がピークだったようです。おじに駅まで迎えにきてもらいましたが、すごい風雨です。母が、おじにも「雨女」って言いつけてたみたいで、さっそくその話題に。「自分でも、台風までになると思わなかった。」って、言いましたよ。信じられない・・・その後、どこへもいけないので、宿泊施設に併設されているクアハウスでのんびりしました。夜ゴハンを食べて、子ども達と花火をして、叫びすぎ「あかんって、あぶないから~」とかね。大浴場へと行って、誰もいない露天風呂。でも、小さいカニが1匹。シ~ンと静か、真っ暗でした。いつもより早めに就寝。

4日朝、姪がゴソゴソしている気配で目が覚めると。妹1号はお風呂へいったのか、いない。初めての体験にどうしてよいかわからず、とりあえず「ママ・・・」というのを忘れさせようと、TVをつけてチャンネルをドンドン変えて、泣かれずにすみました。朝食後、念願の墓参り(数十年ぶりに)へと。他の家族は、台風がきてたので2日に済ませていたとのこと。花は無事でしたが、お線香はなかったので、お水だけかけてそのまま手を合わせました。お土産を買いに近くの道の駅へと行きました。海外沿いにきれいな道路ができていて、海水浴場などにもなっておりました。子ども時代には、どこもかしこも松林と砂地があって、プライベートビーチだらけだったな。台風の翌日ともあって、サーフィンをしている人もたくさんいました。その後、出雲大社へと。義弟が前日に「まだ、あきらめてないんか。」と私のことを言ってたらしいけど・・・男女の縁のみならず「人と人」のいいご縁を望んでいるのです。出雲そばを食べて(私は、お腹いっぱいで少しだけ分けてもらった)から、私は12過ぎ発の電車で一人旅に。この駅が、すっごいレトロでステンドグラス、かわいらしい。改札口で切符におじいさんが鋏をいれてくれました。もう、昭和好みの私にはたまらん!2両の電車に揺られて、1回乗り換えて松江しんじ湖温泉駅へ。そこから、バスで松江城に行きました。レイクラインという、観光ループバスの運転手さんの言うとおりに、降りて歩いていきます、時間は14時で、一番暑い時間。太陽が照り付けてます。雨傘を日傘代わりにさした。もう、曇りやったんちゃうのん!松江城は、築城当時の天守閣が現存する城で、山陰では唯一だそうです。お城の階段は急で6階まであがるのに一苦労。天守閣の頂上は、四方の窓はなくて、すごい風が吹き渡っていました。宍道湖も見えます。この後、小泉八雲記念館へと行くのに、バスで思いましたが、歩くほうが早いというので、トボトボと歩いていきました。ゆっくりできるのなら見所もたくさんある街ですが、時間がありません。松江駅16:30発の高速バスで大阪へと帰るので、ちょっとドキドキです。レイクラインに乗ろうとしましたが、片方にしか行かないので、16:10にしか駅に着かないというバスはあきらめて、路線バスにのりました。1時間に1本しかこないのに、うまく乗れて15:40頃に駅へ到着。駅下のソバやで遅い昼ごはん。(出雲ソバ)バスは、定刻どおりに大阪に到着。淀川花火大会がちょうど終了したところのようで、梅田はすごい人出でした。やっぱり、大阪って建物も人も多いわ。

1泊2日のバタバタした旅でした。まあ、内容は充実してましたので、大変よかったです。

|

« 歌謡曲 | トップページ | 初めての整骨院 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歌謡曲 | トップページ | 初めての整骨院 »