« お疲れ様でした | トップページ | 職業選択中 »

2008年12月 1日 (月)

猫気質

Dvc00070
Dvc00071
現在通っている訓練校の校舎入り口と、いつも校門を入ったところのちょっと広くなっているところで、自由にのんびりとしている猫です。この猫のことをいつか書こうと準備していたところ、今日の出来事がきっかけで初登場です。

この猫の名前があるそうです。(A君と聞いています)入校してから、ほぼ毎日なんですが、帰りになるとドンと通り道の真ん中に座り、時には寝そべり、そして、あらぬポーズで一生懸命色んなところを舐めています。「そんな格好は、恥ずかしいやろ~」とか「ちょっとどいて」とか声をかけてはみるものの、当然、知らん顔。それどころか、バタバタと足音を立てて数歩走り寄ってみても、一向に動く気配はありません。この場所にいるのは、この猫1匹ですが、校門を出て数メートル行くと、植え込みに2~3匹の猫たちがいます。こちらは、人が通るとちょっとは遠慮(?)しています。もこもこと太っていて、誰かが餌をあげているようですね。ちょっと写真も撮れません。

Dvc00092
Dvc00093
今日の午後、避難訓練がありました。ダラダラとしゃべりながらで、本当の火事ならとんでもないことです。気をつけます!

練習用の水消火器を使ってみようということで、各科(5科目くらい)2名ずつが代表で実際に使います。この二人はクラスメートです。(本人達に写真使用許可もらっています)2組目くらいの人が壁に向かって放水が済んだ頃、みんな(100名以上)の見ている前にA君はどうどうとやってきて、溝の水を飲み始めました。先生達が慌てて追い払おうとしましたが、「そんなの関係ねぇ」(ちょっと古いか?)くらいの感じで、溝に顔を突っ込んでいます。この写真の彼女が首根っこをつかみ、抱き上げて連れ去りました。しかし、終わると再び飲み始めました。そこで、この写真も撮りました。よっぽど、のどが渇いていたんだな・・・猫って気ままでも大変やねんわ。

p.s.また、小さな怪我をしました。今回は右手の小指です。小中学校で使われていた机を覚えていますか?あの引き出し、いや天板の下のスペースに物を入れようとして、その下のパイプとの間に小指を突き刺してしまいました。(足の小指がふすまやドアにひっかかった時を思い出してみてください) 痛い・・・weep 爪が割れていないかと見ていたら、隣席の友人が「大丈夫ですか?血が出てますよ。」と、それを聞いて、さらに痛みが増して、ジンジンしてきた。もちろん、絆創膏を即貼りました。もう、いや~
 

|

« お疲れ様でした | トップページ | 職業選択中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お疲れ様でした | トップページ | 職業選択中 »