« きらびやか☆宝塚 | トップページ | ファンキーな人生を »

2014年6月24日 (火)

諸先輩方より

あんた、またか・・・と思わずに読んでくださいねsmile

不思議なことに「困ったなぁ~」というところに、ちょうどいいタイミングでその困ったを解決してくれる人が現れる。

それは、6年前のイギリス留学の頃にも書いたように記憶しています。
留学後のヨーロッパ一人旅でもすごいタイミングで「お助けマン」のような感じの人がどこからか現れる。

今回は、飲食店でホールやドリンク係や洗い場の経験は少々ある。
ここ2年でコモンカフェでの経験はある。(少ないね~)
けれども、自分が全部作ってお店を回す。そんなことが出来るのか?どっかに修行に行かないといけないかと考えていたら・・・

ある日、昭和町へ出かける用事があったので何かついでに行くとこあるかしらん?

Nec_1082

ネットで見つけたのがこちらのビル。小さいお店がいくつか入っているようです。

Nec_1083


天井は低いが小さくてかわいいビルだこと。

2軒の雑貨屋さんに入ってみた。出たとこ向かいのドアは開いてて洋服(古着?)がラックにかかっている。
う~ん、どうしようかと思ったけど入ってみました。
「こんにちは~」奥のほうに雑貨があって、窓口みたいなところに一人の先輩がいらっしゃいました。
息子さんと娘さんがしているこのお店を手伝っているとのこと。
私も、雑貨屋をしていたことがあって~~~というお話しをきっかけに「そこに椅子あるから座って」と、ちょうど窓口の前に向かうようにして座りました。
そこからお話しは急展開 「私、前はお好み焼き屋やっててん」「一人でですか?」「そう、27年してたけど体を壊してやめてん」って、「ひゃぁ~先輩!私、これからそちらへ進もうと思ってて・・・」ちょっとお話しをうかがったり、母と同じくらいの方だと聞いて(その歳よりはずっと若く見えます)母の話をしたり。
最後には「また、遊びにきて。何も買わんでもいいから」と、おっしゃっていただきました。

そして、昔からのお友達に私の夢のお話ししたところ、親戚の方がお好み焼き屋をしていた。
ええっ!「話、聞いてみる?」というのでセッティングしていただいて行ってきました。
現在は喫茶店(カフェではないのよね)をしておられて、まず第一声は「やめとき、しんどいで」と。
まあ、普通に考えればどこかにお勤めしている方が安心でしょうね。
それでも、少しずつお話しするうちに「いい物件探してや」「また報告に来ますね。」というと「木曜日が休みやから、どんなんか見たいし行くわ!」と言っていただきました。

人生の20年ほど先輩方の心強いパワーをいただき「やればできる」と気持ちを引き締めたところです。本当にありがたいことです。

他にも色々と助けてくださる、その道(どの道、色々な道)の専門家の方々にお力をお借りしながら進んでまいります。

がんばれ!私!

|

« きらびやか☆宝塚 | トップページ | ファンキーな人生を »